清徳寺

内野村は会津藩領であり、庄屋 渡部三郎兵衛が農村の次男三男などを集め義勇隊を組織し会津藩配下として越後で戦闘に加わった。
後に精義隊と隊名を改め会津藩降伏まで戦闘を続けた。
精義隊農民兵の義勇を称え明治3年6月に義勇碑が建てられた。

住所 新潟県新潟市西区内野町590
地図

義勇碑 義勇碑
義勇碑 裏面 清徳寺