本間精一郎遭難之地

越後から上洛して尊皇攘夷運動をしていたが、文久2年(1862)閏8月20日に先斗町からの帰りに田中新兵衛、岡田以蔵など薩摩・土佐藩志士に暗殺された地。

住所 京都府京都市中京区下樵木町208
地図

本間精一郎遭難之地 本間精一郎遭難之地 案内