平井収二郎の墓

青蓮院宮令旨事件で切腹になった平井収二郎の墓。
墓は丹中山坂本家墓所を正面に見て右下に有る細い道を奥に向って歩いて行き民家との間の窪まった地に有ります。

墓の後ろには平井収二郎が爪で残した辞世の句碑が建つ。
嗚呼悲哉兮綱常不張
洋夷陸梁兮辺城無防
狼臣強倔兮憂在蕭牆
憂世患國兮忠臣先傷
月諸日居兮奈我神皇

住所 高知県高知市山手町 周辺
地図

平井収二郎の墓  平井収二郎 辞世の句
 
 平井収二郎 案内 平井収二郎 墓所