後醍院真柱誕生の地

後醍院真柱・・・薩摩藩士。国学者。大河平隆棟の二男として生まれ後醍院良次の養子となる。
          江戸で平田篤胤の門下生となり国学を学ぶ。
          嘉永3年(1850年)お由羅騒動に連座し謹慎を命じられる。のち許され藩校 造士館の訓読士となる。
          維新後は明治政府が設立した皇学所御用掛を勤め、明治10年に吉備国神社宮司となる。
          文化2年(1806年)12月2日誕生。明治12年6月13日死去。

住所 鹿児島県鹿児島市薬師1丁目17−3
    地図
後醍院真柱 誕生の地碑 後醍院真柱誕生の地