月照上人遺跡の碑

ここは、京都清水寺の僧月照が宿泊した旅館「俵屋」のあった所です。
月照が幕府の追及を逃れ、一足先に帰鹿していた西郷を頼って鹿児島に着いたのは安政5年(1858年)11月8日でしたが、
密告され藩庁により俵屋へ移され同月16日未明、西郷と相抱いて錦江湾に身を投じるまで、ここで過ごしました。
【現地案内板より】


月照・・・僧侶。
大阪の町医者 玉井宗江の長男として生まれ叔父が住職を務めていた京都 清水寺成就院に15歳の時に入る。
天保6年(1835年)住職となる。安政元年(1854年)2月に住職を弟 信海に譲り尊王攘夷運動に身を投じる。
安政5年(1858年)から始まった安政の大獄で幕府から追われる身となり西郷隆盛や有村俊斎に助けられ薩摩に身を隠す。
薩摩藩では幕府の追及を恐れ「日向国送り(日向へ送る途中で斬殺する事)」と決定。
安政5年(1858年)11月16日、西郷隆盛と共に前途を悲観し錦江湾で入水自殺した。西郷隆盛は奇跡的に蘇生。
文化10年(1813年)誕生。安政5年(1858年)11月16日死去。

住所 鹿児島県鹿児島市金生町7−15
    地図
月照上人遺跡の碑 月照 案内
月照上人遺跡の碑 案内 月照上人遺跡の碑