有馬新七墓碑

有馬新七・・・薩摩藩士。伊集院郷士 坂本四郎兵衛の子として誕生。父が鹿児島城下士 有馬家を相続し有馬性となる。
        天保14年(1843年)江戸に出て山口管山に儒学を学ぶ。安政4年(1857年)薩摩藩江戸藩邸学問所教授に就任。
        安政6年(1859年)11月5日脱藩を計画(突出)するも島津忠義に阻止される。万延元年(1860年)石谷領主 町田久成の要請により石谷奉行となり青少年の教育にあたる。
        文久2年(1862年)島津久光に従い上京。佐幕派の関白 九条尚忠、京都所司代 酒井忠義らの襲撃を計画するも島津久光に計画が露呈。
        文久2年(1862年)4月23日、京都寺田屋で薩摩藩士同士の戦いとなり斬死した(寺田屋事件)。
        文政8年(1825年)11月4日誕生。文久2年(1862年)4月23日寺田屋事件で斬死。

住所 鹿児島県日置市伊集院町下谷口1520 周辺
    地図
有馬新七墓碑 有馬新七墓碑 改修之記